So-net無料ブログ作成

私の家族 [家族]

昨日、今日と ずいぶん寒くなってきましたが 皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は 相変わらずでございます。

先日の日記に、尊敬する人は兄だと書きましたが、苦手な人は・・・姉です。
小姑みたいで うるさいからです。
姉だから 話したりすることもありますが 姉妹じゃなかったら絶対に友達にはならないタイプの人ですw
今となっては 子供たちの面倒を私以上に見てくれるので無くてはならない存在で感謝していますが・・・

最近、親兄弟と話をする機会が増えました。
特に仲が良い家族ではありません。 普通の家族かなと思います。
私は、3人兄弟の末っ子です。 姉⇒兄⇒私 です。
姉と兄はお勉強も普通以上にできてまじめで、わたしは勉強は苦手でおもしろいことが大好きな できそこないです。
なので、早く家族から離れたかったというのが若い頃からありましたので そんなに一家団結!ってことはあまりなかったのです。

そんな家族がこのところ急に会う機会が増えたのです。

理由は父親の入院がきっかけです。

父親はおとなしく あまり物を言わない人です。
ですので重要なこともあまり言いません(´・ω・`)

だから重要なことを今月に入ってから知りました。

8/11 母親から連絡があり、
「じいちゃんが入院した。 先生から病気についての説明があるから家族で病院に来てほしいといわれた。」
とのこと

「は? いつ入院したの?」 と聞くと 「今日」 との返事。
「急だね」っていうと「そうだねぇ」と母はのん気に言ってる。 
「でも 家族を呼ぶってことは 結構重大な病気なんだよね?」って聞くと「そうだろうねぇ」と普通に答える。
今では なんとなく 理由がわかるような気もするけど なんで平然としているのか 不思議でたまりませんでした。

病院で先生のお話を聞くと 父の病名は
「膵臓癌」でした。
癌の中でも生存率が悪い病気です。
手術をしても完治したという記事は見かけません。
手術をしなければ 余命半年~1年といわれました。
父が運がよかったのは、内科にかかっていて 内科でCTをとったら内科の先生が見つけてくれたことです。
膵臓癌は 自覚症状がでてから診ていただくと ステージⅣaで末期になってることが多いんだそうです。
父親は ステージⅢのところで見つかりました。
本人は まったく自覚症状がありません。 なんで入院してるのかさえ 自分でよく理解できてませんでした。

8/19 再度 先生に呼ばれて説明を受けました。
ここで 初めて 先生から父に がん告知をしました。
手術について、細かい説明を丁寧にしていただきました。
1%でも考えられる合併症をすべて説明してくださり、手術をするかしないかは 本人と家族で決めてください。
高齢ということもあり、手術がきっかけで不穏状態になることは 必発でしょう。といわれました。
父は わかってるのかわかってないのか ボケでしまってるのか?
がんと聞いても顔色ひとつ変わらず 落ち着いていました。
そして手術に対してとても意欲的です。
私たち家族は、父親がつらくない方がいいというのが一致した意見でした。
父を見ていると 手術をすれば治る と思ってるように思えます。
「死ぬのを待つだけなら手術したい」という父の気持ちを 誰にも止めることはできませんでした。

8/21 膵臓癌の手術を行いました。 術式は 膵頭部腫瘍切除術(膵頭十二指腸切除術)です。
膵臓は いろんな臓器とつながっているので 膵臓の一部と 胃 十二指腸など周りの臓器も少しとることになるそうです。
取るのと同じくらい再建するのも時間がかかるということで、除去するのに3時間、つなぎ合わせて再建するのに3時間
合計6時間くらいかかります。と説明を受けました。
何があるかわからないので 家族の人は交代でいいのでだれかしら病院にいてくださいといわれて交代で病院にいました。
朝10時過ぎに家族全員で手術室に入るのを見届けました。
私は夕方から仕事があったので 会社に行きましたが 午後4時半頃 手術が無事に終わったと連絡を受けました。
大体予定通りの時間でした。

翌日からリハビリもして 元の病室に戻るという話しでした。
父本人も術後すぐに話ができたそうで とてもよい状態みたいです。

8/23朝 病院から連絡があったと姉から連絡が。
何かあったのかとあわてていると、
「ばあちゃんは 疲れたから行かないって言ってる。 先生が午前中しかいないっていうからっていうから10時頃いくって言った」
というので、あぁ緊迫はしてないのね。と少し安心。
不穏状態になった場合は、完全看護の病院だけど 夜中は人手が少ないので家族に付き添っていただくこともあるかもしれないと事前に言われていたので、とうとう夜中に歩き出し大変になったのかなぁと思いました。
用意をして病院にいくと 父親は いびきをかいて寝ていました(´・ω・`)
でも、輸血をしてる・・・
先生から説明があり 夜中に少量吐血をしました。 緊急で内視鏡で見てみたのですが 原因が見つかりません。
考えられることとして 胃と小腸を接続したところから血がでていると思われるので クリップで止めました。
血が胃にたまってしまうと気分が悪くなってしまうのを回避するためと出血があったら外にでてきてわかるように鼻から胃に管を通しています。
他に術後で出血が考えられることは、潰瘍ができてしまうことですが 潰瘍があった場合の血液の流れは みれないので違うでしょう。
それで輸血をして様子を見ているのですが 輸血をする前の血圧の数値と輸血をしてる数値と変わらず 上がらないんです。
出血以外は とても順調にいっています。
もう少し様子をみたいので 病室に戻らずしばらくは回復室にいてもらいます。
という説明でした。

 


これから先、どうなっていくかわかりませんが いまのところ大丈夫そうです。
ご心配してくださる方もいらっしゃると思うのでブログには 書かないつもりでいました。
でも、自分が 膵臓癌について調べたときに あまり体験談を見つけられませんでした。
ブログを書くことによって、父の記録にもなりますし、同じ病気になった人の参考になればと思い書くことにしました。

長い日記になってしまってすいません。


nice!(1)  コメント(4) 

nice! 1

コメント 4

よさぶ

なげぇwwwwww
お父様は手術をされたのですか…手術も無事おわったようですが、
術後が快方に向かっているようで安心しました。

Nacoochoさんの兄弟の位置づけが自分と同じでワロタwww
私も徐々に話していきますが、姉兄私なんですよねー驚きです(^-^;
ウチも母親の交通事故から兄弟の接点が急に増えました。
決して仲良いとはいえない家族でしたが、阿吽の呼吸で通じる
何かを感じ取れるのはやはり兄弟だなぁ…とか思ったり。

看病は思った以上の体力・気力を消費しますので、
お体に気をつけて看病されてください。
by よさぶ (2008-08-24 22:53) 

豆日和

切ないです。。。切なすぎます~><)
なぜ・・・出血するのか?原因がしっかりと分かり 早急な対処が行われること願ってます。。。。。
少しでも、良き時間が続きますように・・・・・・

ゴメンナサイ・・・・豆には、うまく書くことができません。。。。。
思い出してしまい。。。想像してしまいます。

なにも、できません うまくお話もできません
でも、Nacoochoさん ご家族の 心労 疲労を思うと・・・・心配でなりません~
どうぞ、お気をつけて・・・・・・
by 豆日和 (2008-08-24 23:45) 

Riotaru

よさぶ会長様

あははw なげぇっすよ。
わたし こうみえても ダラダラとまとまりのない文章書くのが取り得
なんですの。
(ただ単に 要点をまとめて手短にいえない とも言う・・・)

会長と同じ兄弟の位置づけでつか?
じゃぁ 姉兄は優秀で 一番下は おばかなのも 似てるんですねぇwww

看病は、全員が仕事を持ってるから大変です。
でもがんばります。ありがとうございます。



豆ちゃんへ

暗い話ですいません。
何も話していただかなくてもいいんですよ。
豆ちゃんがいてくれるだけで。
うんうん。
豆ちゃんも色々とあったもんね。
思い出させてしまってごめんね。
また日記に近状をアップさせていただきますが
ノーコメントで大丈夫ですからね。


いまは精神的なことよりも体力勝負というところです。

一番つらいのは 病院内 回復室に入ってるので
携帯の電源を常に切っておかないといけないことです(´・ω・`)

by Riotaru (2008-08-25 15:46) 

kichi

記事を残しておいて頂き参考になります。
by kichi (2016-04-16 23:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。